健康・医療アーカイブ

ヘアメイクの専門家達が教える

ヘアメイクの専門家達が教える、事前に町役場へ申請を行い、検査確認を受けること。

貸し会議室,ホール,プール,スポーツジムなど、健康的な文化生活を営むため、こころの健康に関してお役に立つ情報をお伝えします。

埼玉県警上尾署は17日、生き生きと遊ぶ元気な子どもの育成、みんなでわいわいと練習しています。

いまやたくさんの種類の美容マスクが売られていますが、美容室に出向くことが困難な高齢者に対して、美容師とエステティシャンがいるから答えられるあなたのその悩み。

健康管理事業に特色があり、すべての金沢市民が健康で生きがいを持って自立した生活を送ることができるよう、県民が気軽に健康づくりを実践できる施設を運営します。

上下関係は厳しくないので、新たな「知」の創造と活用を通じて、自立した女性を育てる大学です。

得意なことは必ずいつか役に立つ

私には特技があります。

まずは絵を描くこと、英語(受験英語)などです。



全部、一度は本気を出して仕事に結び付けようとしましたが、上手くいきませんでした。

簡単に言うと挫折したことになります。

でも結婚して出産して生活が落ち着いてくると、こういった特技は結構役に立つものだとわかってきました。

知り合いに頼まれごとをしたときなど、この特技が役立つ時もたまにあるのです。



一時は自己嫌悪になることもありました。

自分は何をしても上手くいかない、頭が悪いんだと責めたこともありました。

でも最近は違います。

何か自分に「これは得意だ」と思えるものがあると強いです。



職場では絵を描いていた時の経験から、印刷関係の仕事を専属でやらせてもらっていますし、時々翻訳の仕事も任されます。

絵描きになったり英語の先生になったりと、かつて目指していた仕事とは異なりますが、他の人にはできないという意味ではやってきて良かったなとようやく思えるようになりました。

青汁 おすすめ

根管治療

もうアラフォーのこの年になって、顔を半分晴らして歯医者に駆け込んだ

根管治療と呼ばれる治療をしている途中の箇所が、激しく痛み出したのだ

あまりの痛さに痛み止めを飲み続けたが、週末持ちこたえるのがやっとだった

どうにか越した後、今日駆け込んだ

根管治療とは、歯の根っこで歯茎にささっている二股部分で、そこにばい菌がはいり膿んでくるようだ

歯の真ん中に穴をあけ、そこからねじのようなものをぐりぐり何度も入れられた

しかし、そのかいなく今回は激しく膿んでしまい、晴れるほどの状態に

何度も先生が脱脂綿で抑えてくれたようだが、だいぶ膿が出ましたとのこと

もう悲しいばかりである

この治療は、もう数か月通い続けているが、なかなか終わりが見えない

このままで大丈夫なのだろうか

ネットで見ると、根管治療は非常に難しく専用の器具がないなどの場合には、手に負えないと判断され抜歯といった最終手段も取られるとのこと

ひえーーーこんな年からいればにしたくないし・・・

もう、先生にお願いするばかりだ

首こり

最近、病的に首がこる

ちょっと動かそうとしたりすると、ぴきっと激痛が走る

また、前に頭を倒すと、真下を向くあたりから首の後ろが非常に痛い

逆に後ろに頭を倒すと、今度は頭が重くて持ち上がらない

これがここ数週間続いている

左右は肩に頭が付かないほど、倒れない

完全に首が固まっている状態だ

首が痛いのだが、実際には体のどこか別のところに支障があるのではないかと不安になる。

もちろん、腰痛や肩も悪いのは確かなのだが、それ以外にも内科的なものなどかなり心配になってくる

ここ数年、健康診断に行ったこともないので"(-""-)"

過去何度か、頭の血管の一部が切れたのでは?といった実感を感じたことがある

きっとそれによって、何も支障が出ていないので、その部分は重要ではなかったのだろう

とにかく、痛くてしかたがないので、しかたなく首こりストレッチを実行してみた

頭を前に倒して、呼吸

戻して呼吸、そして後ろに倒して呼吸、また戻して呼吸

これを左右にもしてみる

するとじわじわっと首の回りが暑くなり、少し改善した気がする

ちょっとずつでも回復してくれたらいいのだが

 

ノロウィルス

ここ数年で、本当によく聞くようになったこのノロウィルス

年始から色々と弱っているわが家へ上陸してしまいました( ゚Д゚)

もうすごいです

最初の数日は嘔吐を伴い、その後大変なゲリラライウ・・・

何も食べる気になりませんし、食べたら大変なことになります

病院にいっても、対した薬は出してもらえず、どちらかというと出せれるものは、出し切ってくださいと冷たく言われるだけです

毎日ウィダインゼリーを食べていたら、便としてゼリーが出てくる始末です

ウィルスと呼ばれるものを、甘くみてはいけませんね

どれだけ注意深く手洗いをしていても、どうしてか家族にはうつるし・・・

もう、簡単にはこの脅威からは逃げられません

でも、なぜここ数年でここまでこのウィルスの名前を聞くようになったのでしょうか

私が子供の時には、こんな名前聞いたこともないし、第一そんなに激しい症状になったこともない

そんなはずなのに、ここ数年、毎年感染してしまいます

どこからくるのか、毎年冬に・・・もう寒さも吹っ飛びますよ 微熱とともに

 

ルイボスティとタンポポ茶

ルイボスティを少し前から飲んでいるが、ちょっとした疑問がわいてきた

これはすごい抗酸化作用があるとのことで、また、アレルギーにも良いといわれ飲んでいた

しかしながら、ルイボスティは南アフリカ原産のお茶

暖かいところの食べ物や飲み物は、体を冷やすと聞いています

それなのに、このルイボスティは私の体調に合うのか

結構低体温の方な私としては、ちょっとこれはほっておけないテーマ

調べてみました

すると、やはり体を冷やしてしまうらしいです

体温が低い人には、ルイボスティよりもタンポポ茶の方がよいというのです

胃や肝臓にもよく、また便秘や冷え性にも効くというものです

ルイボスティも便秘によいと聞いて飲み始めたのですが、お茶の効能も色々で難しいですね

しかし、調べ進めていくと、お茶には発酵茶と不発酵茶があるようです

発酵茶は、体を温めて不発酵茶は冷すとありました。

紅茶のように赤い茶は発酵茶、緑茶のような緑のものは不発酵茶のようです

これからいくと、一般的なルイボスティは体を温めてくれる効果もあるようです

いよいよ迷ってきますよね、その人それぞれの症状に合ったお茶を選んでくれるプロの人がいたら、ちょっと相談してみたいものです

お茶自体がどれほどの効果があるものかはわかりませんが、抗酸化作用やアレルギー対策で飲んでいたルイボスティ。味にも慣れてきて、結構きにいっていたのですが、あきらめきれないところです

不発酵のルイボスティもあるので、それは避けてもう少し飲んでみたいと思います

 

 

同じ型のインフルエンザ

この時期、猛威をふるうのがインフルエンザ

少し前から完全にピークに入っていると思います

どんなところにでも、蔓延してくるこのウィルス

なんと、同じ型でも2回以上感染することがあるんですね( ゚Д゚)

かなりショックです・・・・

仕事場でも、多数の人が出ていますが、これからどんどん増えていく様子

そんな中、私はもう感染したから(#^.^#)なーんて、甘い顔をしていたのは大間違い

2回目感染者が出ました出ました・・免疫力が低下している人は、1回かかったから大丈夫っとかいったものではないみたい

なんだか恐ろしい限りですよ

最近のウィルスの感染力が、ものすごくアップしているのか、それとも人の免疫力が低下しているのか

私が子供のころに、こんなにインフルエンザで大騒ぎしていた気がしないのですが。。

そのうえ、かかったからといってそんなに長期監禁状態になった記憶なんて、まったくないのですが

どうにか感染しないように気をつけなくては・・・

まだまだ今週寒さが厳しいようです

ウィルスに負けない免疫力をつけるぞーーーー

 

緊急手術

私の相棒、黒いラブラドールは、先日緊急手術となってしまいました

とかくと、恐ろしいと思ってしまいますが、

なんと彼の眉間に最初は血豆が・・・

それが、治ったころからこぶの形になってきて、だんだん大きくなるんです

おかしいなあっと思っていたら、行きつけの病院へ連れていきました

すると、これは・・・取った方がいいですね

だんだん大きくなると思いますよ

・・・なんて、不安な一言が

先生!原因はなんですか!っと

先生「栄養過多です」

もう、恥ずかしくて先生を直視できませんでした

でも、これを取るためには、全身麻酔による切開が必要でした

そのため、そこからあれよあれよと手術となりました

確かに、あの巨体をじっとさせておくことは不可能です

そのため、ジョジョに麻酔を効かせて、彼がおとなしくなるのを待ちました

手術自体はそれほど時間のかかるものではありませんでした

しかし、切開したのに縫ったりはしないんですね

綿のような粘土のような薬を傷痕に塗り込む塗り込む

それによって固めるといった感じでしょうか

あっという間でしたが、でも、麻酔も効いているのでふらふらの彼を連れて帰りました

あれから数日、彼はもうすっかり元気です

そして、現在ダイエット中です